就職・転職活動:情報収集や資格取得から服装までのTOPに戻る

面接


 就職活動と大学までの入学試験でもっとも違うことは面接の有無でしょうか。

 もっとも最近では、入試に面接を取り入れているところも多いので、案外、現在のみなさんは、昔の人に比べて、慣れているのかもしれませんが、それでも緊張しますよね。

 就職活動で内定を得るためには面接を突破しないことには不可能です。

 最近の就職活動では、1対1の個別面接の以外にもいくつかの面接形態があるのをご存知でしょうか?

 では、これから就職活動を始める学生の方のために、それらについて簡単に紹介してみます。

 まず、「集団面接」ですが、これは数人の学生が一度に同時に面接を受けるものです。

 発言の順序によって異なりますが、自分より前に誰か他の人に論理的にバシッと決められると、自分が話すことは「稚拙」ではないのかと思い込んでしまい、予定していた話を変えて失敗する場合があります。

 この場合は、もう「人は人」と割り切ってしまって、自分の素顔をぶつけることが重要だと思います。

 立派な話で合否が決まるわけではありません。

 また、自分と似ているエピソードを先に喋られてしまい、面食らうこともあるでしょう。
しかし、慌てることはありません。

 エピソードを説明するのみだと同じような話になるかもしれませんが、その背景にある自分の想い、考えを語るのであれば十分に差別化は可能です。なので、心配することはないですね。

 もうひとつは「クループディスカッション」です。

 これは一般的には、与えられた課題について学生何人かで討論させるものです。

 このとき、話の主導権を握ろうとして必要以上にテンションを上げて発言する人がいるものです。しかしこれは独りよがりの行動に映ることもあります。大事なのは「周囲の状況をきちんと判断した発言ができているか」ということでしょうかね。KYはだめですね。その様子を面接官はしっかりチェックしています。

 また、発言の中に物事への取り組み方を判断できる要素があるかどうかも面接官は見ています。その上で、グループの発言を吸い上げて、与えられたテーマを結論づけていく方向へ模索する姿勢の有無も判断の基準にしているようです。


 今挙げたふたつは慣れないと周囲に影響され、失敗する場合があります。

 面接本を買ってきて目を通したり、練習をしたりするのもいいでしょう。


関連コンテンツ

SPI

 採用の選考の一つの参考資料として、SPIというものがあります。  これから就職活動を始める方の中には「SPIって何」という疑問を抱いている方もいるのではないでしょうか。  SPIというの・・・