就職・転職活動:情報収集や資格取得から服装までのTOPに戻る

男性のヘアスタイル


 就職活動にふさわしい男性のヘアスタイルとはどのようなものなのでしょうか?

 まず、茶髪など染髪は、男性でも女性でも、軽薄に見られます。

 特に年配の面接官には、茶髪は印象が悪く見られがちなので要注意です。なので、必ず黒髪に戻しましょう。

 長さですが、サイドは耳にかからないようにして、また、もみ上げは短く切りましょう。

 後ろは刈り上げる必要こそないものの、襟足は横に流れない程度にしたいところです。前髪は顔の表情がよく見えるよう、あまり髪を垂らさないほうがいいですね。

 また、髪全体を立ち上げないようにしてください。

 地肌が見えるまで前髪をきっちりと分けたり、オールバックにもしないようにしましょう。

 寝癖には細心の注意を払ってください。

 特につむじ部分は潰れたりしないように、鏡で後ろの部分を映し、しっかり手直ししておくようにしましょう。

 髪は乱れないように、ワックスなどを用いてしっかり固めるようにしたいところです。

 一応小さいヘアスプレーを携帯しておくとよいでしょうね。

 フケにも注意が必要です。スーツは黒や濃紺ですので、目立ちますからね。

 ヘアカットの際は床屋や美容院に行ったときに、髪型やスタイリングに関して相談してみるのもいいかと思います。

 最初にも述べたとおり、頭髪は先入観を抱きやすい要素のひとつですから、できるだけ清潔感のあるヘアスタイルで選考に臨みたいところですね。

関連コンテンツ

ネクタイについて

 ネクタイはもう準備しましたでしょうか?  そして、ネクタイの結び方は大丈夫でしょうか?初めてのときは、案外難しいものです。  ネクタイの結び方にも様々な種類があります。  では、こ・・・