就職・転職活動:情報収集や資格取得から服装までのTOPに戻る

女性のヘアスタイル


 就職活動の際にふさわしい女性のヘアスタイルとはどのようなものなのでしょう?

 まず、茶髪などの染髪は、たとえ多少であっても軽薄に見られてしまうことがあります。

 特に面接官が年配であれば、茶髪は印象が悪く映ります。なので、染髪しているという方は必ず黒髪に戻しましょう。

 髪の毛が長い場合、ヘアピンを多数使ってまとめてしまうとフレッシュ感が損なわれがちなので、避けたいところです。

 また、ゴムやパレッタを使用する場合は、黒か茶系の色にし、奇抜な色は避けるようにしましょう。

 前髪は長すぎないほうがいいですが、額を露出しすぎる必要はありません。

 ただ、前髪は乱れないよう、スタイリング剤でしっかり固めておくのがよいでしょう。

 ロングヘアの場合、耳より上の位置でアップスタイルにすると、フレッシュな印象を醸し出せます。

 ボブヘアにする場合、サイドパートで前髪を分けて、おじぎをしたとき前髪が垂れないように、後ろでパレッタなどで留めてください。また、耳を出して清潔感を出すのもいいと思います。

 髪の傷み、縮れ毛などを気にしている方は、美容院で相談してみてください。

 ヘアケアや自分に合うスタイリング法のアドバイスを受けるといいでしょうね。