就職・転職活動:情報収集や資格取得から服装までのTOPに戻る

TOEICテストについて


TOEICテストは、英検のように1級や2級というような段階・級の設定はありません。

TOEICは、10点から990点までのスコアでの評価になります。

この点数・スコアは、評価基準を一定に保つため、統計処理が行われています。なので能力に顕著な変化がない限り、スコアもほぼ一定に保たれているのが普通です。

ということで企業などが個人の英語能力を判定する目安として重宝するわけなのです。


TOEICは、世界約60ヶ国で実施されています。

したがって、ローカルな文化的背景や特別な言いまわしの知識が必要となるような、偏った問題は出されません。


TOEICテストは、英語のコミュニケーション能力を中心にみるテストです。

和文英訳、英文和訳などの問題はありません。

聞けて、読めれば、コミュニケーションできるだろうと前提で作られているテストで、引っ込み思案がちの日本人は、聞けて読めても、なかなか口に出してしゃべれない人も多いので、昔の英検のほうが日本人の実情にあっていたような気もしますが、時代の流れは、やはりTOEICなのですね。


TOEICは、身近な日常生活の内容からビジネスまで、どれだけ英語でコミュニケーションできるかが、判断の基準です。

リスニングとリーディングは、むしろ受動的な英語能力というべきですが、リスニングとリーディングの能力と、能動的なスピーキングとライティング能力は比例するだろうという前提で、英語によるコミュニケーション能力を測定するものです。

ですので、TOEIC対策は、聞く練習と、読む練習を集中的にするのが効率的ですね。


関連コンテンツ

TOEIC公式問題集

TOEIC運営委員会が発行している公式問題集が出ています。 TOEIC受験を志す方は、まずはこの公式問題集で腕試しと勉強をするのが良いでしょう! この一連のテキストは、TOEICの開発機関・・・