就職・転職活動:情報収集や資格取得から服装までのTOPに戻る

実用フランス語技能検定試験の内容と級の目安


実用フランス語技能検定試験、最近は大きな書店の外国語コーナーでは、、フランス語検定対策の本が数多く出版されていて、一般にも段々知名度が向上してきていますね。

英語検定が「英検」と略されているように、実用フランス語技能検定試験は、「仏検」と略されています。仏教の試験ではありません。

仏検は、日本国内の試験です。試験形式は、筆記で行われています。

主催している団体は、「財団法人フランス語教育振興協会」です。

TOEICのような点数制ではなく、英検のように級があり、1級から5級まであります。


この実用フランス語技能検定試験は、英検や独検とともに日本の代表的な語学の試験になっていてます。


フランス語をある程度、学習したら、腕試しで実用フランス語技能検定試験を受けてみるのがよいでしょう。


実用フランス語技能検定試験の受験する級の目安は、フランス語の習得に費やした学習時間によって決められています。

1級は、学習時間が、600時間以上。

準1級は、学習時間が500時間以上(4年制大学のフランス語専門課程卒業程度)。

2級は、学習時間が400時間以上(4年制大学のフランス語専門課程4年生程度)。

準2級は、学習時間が300時間以上(大学3年修了程度)。

3級は、学習時間が、200時間以上(大学2年修了程度)。

4級は、学習時間が100時間以上(大学1年修了程度)。

5級は、学習時間が50時間以上(大学1年前期修了程度)。


1級から準2級は、2段階選抜になっています。

一次試験、二次試験があり、一次試験の合格者が、二次試験を受験できるようになっています。

一次試験の合格点は、満点の60パーセントから70パーセントの範囲です。

3級から5級は、一次試験のみです。


試験の内容は、

一次試験
筆記試験、ヒアリングが含まれます。

1級から準2級は、「ディクテ」と呼ばれる書き取りがあります。


二次試験
1級、準1級は、試験3分前にテーマが与えられます。そして、そのテーマについて会話を行います。

2級は日常会話。

準2級は問題カードを見て、試験管の質問に答える方式です。

関連コンテンツ

実用フランス語技能検定試験(仏検)の日程

実用フランス語技能検定試験の日程は、春と秋の年2回、実施されています。 従来は準1級は春のみで、1級は秋のみなっていました。 しかし、2007年度からは1級が春季で、準1級が秋季となりまし・・・

仏検公式問題集(2012年度版)

実用フランス語技能検定試験の公式問題集がでています。 対策は、まずこれらの問題を見てからですね!! 1級の公式問題集 準1級の公式問題集 2級の公式問題集 ・・・